気まぐれ日記

伝えたいこと、そのままに。
日々の気まぐれ日記を綴ります。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 気まぐれ日記
  4. 気持ちはわかるけど・・・言い方(泣)
大阪,兵庫,神戸,和歌山,人間関係,愚痴聞き,話相手

気持ちはわかるけど・・・言い方(泣)

大阪/兵庫(神戸)/和歌山の【人間関係 愚痴聞き場】です。

年に2回ほど定期的に起きることが、最近また起きました。

言いたくはありませんが、

「何その言い方・・」です。

それは初めての電話の時に起きます。

★「あ、えーと、すいません。愚痴聞きの・・・」

☆「はい、そうです。ご予約ですか?」

★「えぇ、えっと、あの、はい。もしやってるなら今日にでも行こうと思って。」

☆「今日・・・ですか。ちょっとお待ち下さい・・・はい。19時でよければ空いてますよ。」

★「あ、そうですか。よかった。じゃあそれでお願いできますか。まともなところですよね?」

初めて話して10秒ですでに「ん?」とは思うけど、まぁ状態や内容によっては仕方ない人や時期もあるので聞き流して

☆「・・・今日ということなら19時しか空いてないですが、それでよければどうぞ。」

★「えーっと、今年で41歳になるんですが、私のことがすぐわかるように書き置いてあるので説明は早くできるんですけど、そちらでちゃんと治せるんでしょうか?」

☆「それはまだこの電話の段階では何とも言えませんけど、どういった状態なんですか?治すとは?」

★「特殊です。宗教というか団体が絡んでいます。」

☆「はぁ。内容としては?」

★「色々あります。大丈夫ですか?」

☆「いや、だから何を聞かれてるのかまだわからないので。えっと、来ていただいてからでもいいですけど、心配でしたらもうちょっと具体的に教えてもらえますか?ちゃんと答えますから。」

★「おかしいとか、ヤバいとかって周囲には言われるんですけど、でも今のままでいいって人もいるんです。それで、もう何事にも疑ってかかるようになって信用できなくなって。」

☆「はぁ。」

状態としては人間不信と言いたいのかな?それ以上に環境に問題があるのかな?と思いながら

★「どうなんでしょうか?精神科の紹介なんですが、信用していいものですかね?」

☆「え、何を?ウチを信用していいかどうか私に聞いてるんですか?」

★「・・・いや、すいません。そういうつもりではないんですけど、もしアレならと思って。」

☆「アレって何ですか?よくわかりませんけど信用できないと思うなら他のところへ行ってもらう方がいいと思いますけど。」

★「えっ、おたくがどれぐらいの感じかなと思って正直に聞いてるだけなんですよ。私って周りから信用されなくて孤立する性格なんで、私も周りを信用してないんですよ。わかりますか?」

☆「いや言い方。言い方おかしいですよ。そう思うのはわからないでもないですけど、私に言うなら言い方ちょっと違うと思います。というか、ある程度はわかりました。」

怒っても仕方ないというか、怒るところじゃないんだろうなーと思い我慢。

★「じゃあ治せますか?今日。」

☆「いや、だからそれは今の時点では何とも言えませんけど今日だけでは難しいと思ってます。というか治すって?」

★「私ね、他にもカウンセリング行ってるんですよ。へっ。でもね、どこも電話を切られたり途中で帰らされたり。だからカウンセリング的なところはアテにしてないんですよ。信用できなくてね。」

☆「だから、言い方ですよね。「そういう部分も含めてスッキリしたいからお願いします!」って感じで言ってもらえればちゃんと聞きますけど、そりゃ今の感じでは難しいですよ。どこの先生かわかりませんけどカウンセラーの問題じゃないですよ。」

★「やっぱりな。」

☆「やっぱり?」

★「業者同士、かばうんですね。信用できん。」

☆「・・・あのー、この電話はなんですか?予約されますか?やめときますか?」

★「そうですね。またじっくり考えて私に合うところを探しますよ。おたくがどういうところかよくわかったんでね。」

☆「は?はぁ。じゃあ、切りますよ?」

他に言い方はなかったんでしょうか。

できる限り優しく、できるなら助けてあげたいとは思うけれど、今は誰のことも敵のように思えてしまうんでしょう。

元気じゃない状態の人を悪く言いたくはないけど、すごく後味の悪い電話でした。

PS,
紹介してくださった精神科の先生。

すいませんでした。ありがとうございました。

関連記事

error: Content is protected !!